のぶなび

生活に関するお役立ち情報を配信しています。

ココナッツオイルがお口の中をキレイにしてくれる!?

『究極の歯周病対策』-「ココナッツ・オイルプリングの勧め」

歯磨き

 

あなたは、デンタルケアをしっかりされていますか?

歯周病はありませんか?


最新の研究では、「歯周病は単に歯を失うだけでなく、全身に影響して深刻な病気(例えば、糖尿病や動脈硬化)を引き起こすことが明確になってきた」ということです。

 

 

歯垢はどう落とすか?


現在、日本人の成人(30~64歳)の実に8割が歯周病に感染しています。

歯周病対策としては、歯垢(プラーク)をきれいに落とすことが重要ですが、これがなかなか難しいのです。

歯科衛生士の豊山とえ子氏によると、歯と歯の間のプラークは特に落としにくく、「歯ブラシのみ」では、プラークは61%しか落とせないそうです。

「歯ブラシ+デンタルフロス」で79%、「歯ブラシ+歯間ブラシ」で85%のプラークが落とせるのがやっとだそうです。

 

デンタルフロス


残りの15~20%は歯科でクリーニングしてもらうしかないそうですが、そうそう歯医者さんへ通えるものでもありません。

もっと手軽で効果的なオーラルケアの方法はないのでしょうか。実はあったのです!

『オイルプリング』とは?


このメルマガで何度か紹介している、「ドクター・ココナッツ」ことブルース・ファイフ氏が提案する方法は、とても意外なものでした。

『オイルプリング』と呼ばれるものです。

『オイルプリング』は、アーユルヴェーダ医療(インドの伝統医学)で何千年も昔から行われている油うがいに多少の変更を加えたものだそうです。

油うがいにはさまざまな油が使われますが、ココナッツオイルが最も効果的だそうです。

ココナッツオイル



オイルプリングのやり方

 

『オイルプリング』の具体的な方法は、実にシンプルです。

スプーン1杯のココナッツオイルを口に含み、15~20分、口の中で動かすのです(激しくブクブクはしない)。

ファイフ氏によると、ココナッツオイルを口の中で動かしている間に、細菌、毒素、膿、粘液などがココナッツオイルに吸い取られるそうです。

ココナッツオイルは飲み込まず、『オイルプリング』が終わったら、ゴミ箱に吐き出してください。

流しやトイレに吐き出すと、そのうちにオイルが固まってパイプが詰まることがあるので、注意してください。

ココナッツオイルを吐き出したら、水で口をすすいでください。

20分というのは長いように聞こえるかもしれませんが、ほかのことをしていればすぐに時間は経つものです。


『オイルプリング』は、朝起きてすぐ、朝食の前に行うのが一番いいそうです。

朝食の後には普段どおり歯を磨いてください。

『オイルプリング』は1日3回まで、空腹時に行います。

食事の直前というのが、良いタイミングだそうです。

 

オイルプリングはなぜ効果的か?


米国の「口腔衛生と地域の歯科ジャーナル」誌には、口内を清潔に保つ方法として、『オイルプリング』がほかの方法よりも効果的であることを示す実験結果が発表されたそうです。

その実験では、被験者たちは1日1回、45日間、『オイルプリング』を続けたそうです。

45日後、歯垢の蓄積は有意に減少し、減少はほとんどが実験の後半期間に起きたそうです。

これは、長期間行うほど、良い結果が出るということを示すものです。

また、歯肉炎も、すべての被験者で有意に減少し、減少率は50%以上だったそうです。

この実験結果では、『オイルプリング』はマウスウォッシュおよび歯磨き以上に、歯垢および歯肉炎を減少させたそうです。

つまり、『オイルプリング』は口内洗浄の方法として、歯磨きやマウスウォッシュよりもはるかに効果的である、ということです。


まとめ

 

ファイフ氏によると、『オイルプリング』は歯垢と歯肉炎を大幅に減らせるが、だからと言って歯磨きに取って代わるべきではなく、むしろ日々、口の中を清潔にするための一助として加えるのがよいだろう、ということです。

また、ファイフ氏によると、『オイルプリング』は、単に口腔感染症を防ぐのに役立つだけでなく、積極的に感染症と闘い、精神的・身体的な健康を促進するものだそうです。

さらに、ファイフ氏は『ココナッツ・オイルプリング』(医道の日本社、2014年)という本も出しているそうなので、より詳しく知りたい方はお読みになるといいそうです。



今回、私もこの記事を出すにあたって、初めて「ココナッツ・オイルプリング」を体験してみました。

私は15分間行いましたが、ほかのことをしながらでしたので、あまり長いとか、苦痛には感じませんでした。

ただ、さすがに1回きりでは、効果のほどは分かりません。やはり、ある程度の期間、継続しないと、効果のほどは分からないと思います。

また、日本ではココナッツオイルは決して安いものではないので、飲み込まず、吐き出すというのは、少しもったいない気がします。

ですから、私はもっと金銭的に余裕ができてから、『オイルプリング』を習慣にしたいと思っています。

でも、すでに歯肉炎の問題を抱えてらっしゃる方は、積極的に「オイルプリング」に取り組まれるよいと思います。

それは、オイルプリングによる歯肉炎の減少率は、歯磨きやマウスウォッシュの2倍から7倍にのぼる、と言われているからです。

それにしても、ココナッツオイル、こんな使い方もできるとは、本当に優れものです。


(参考文献:豊山とえ子著 「歯は磨かないでください」 廣済堂出版、

ブルース・ファイフ著 三木直子訳 「ココナッツオイルで今すぐアルツハイマー病をストップさせよう!」 WAVE出版)


[メルマガ 「ちょっと得する健康ニュース」 2015年7月号 記事]